ギター

ハードオフの楽器買取のメリット・デメリット!高く売る方法も

自宅に眠っている要らない楽器を売りたいという方は多いと思います。

そんな方におすすめしたいのが「ハードオフ」です。

ハードオフというと電化製品や工具の中古品販売店といったイメージがありますが、実は楽器の買取もおこなっています。

買取可能な楽器の種類が豊富で、色々な買取方法に対応しているところがハードオフをおすすめする理由です。

この記事では楽器を売りたい方に対してハードオフのお得な情報をたくさんご紹介していきますので、ぜひ最後までチェックしていってください。

また、合わせて楽器を高く売るコツなども解説しています。

ハードオフで買取可能な楽器の種類

バイオリン

ハードオフは全国に店舗を構える中古アイテム買取業者です。

買取対象には楽器も含まれていて、様々な楽器の買取をおこなっています。

ということで、まずはハードオフで買取してくれる楽器の種類をご覧いただきましょう。

・アコースティックギター
・エレキギター
・エレキベース
・キーボード
・ドラムセット
・サックス
・トランペット
・フルート
・チェロ
・バイオリン
・ミキサー
・音源モジュール
・エフェクター
・サンプラー
・各種アンプ
など

こちらはハードオフで買取対象になっている楽器の一部です。

もちろんこれ以外の楽器も買取をおこなっていますので、まずは気軽に店舗まで連絡をしてみましょう。

そのほかの楽器で言いますと、和楽器やDJ機材も買取対象商品となっています。

なお、基本的にはどんな楽器でも買い取ってくれるのですが、象牙を用いたような特殊な楽器に関しては買取不可です。

これは「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」に抵触するからです。

また、ローンの支払いが残っている楽器に関しても買取は出来ないようになっています。

ちなみにハードオフでは「オファー買取」というシステムを採用していて、売りたい楽器をアプリ上に掲載しておくと相手側から買取のオファーをしてくれます。

こちらの流れは「アプリ登録」⇒「商品を掲載」⇒「オファーを待つ」⇒「店舗から買取オファー(金額の提示)が来る」⇒「納得すれば買取契約成立」といった感じです。

このサービスも非常に便利なのでぜひ上手く活用してみてください。

ハードオフの楽器買取のメリット

ハードオフで楽器を買い取ってもらうことには以下のようなメリットがあります。

・すぐに現金化が可能
・ジャンク品でも買取可能

専門的な楽器買取業者と違ってハードオフでは楽器の状態をあまり気にせず買取をおこなってくれます。

ということで、それぞれのメリットを詳しく解説していきましょう。

すぐに現金を受け取れる

ハードオフの楽器買取はその場ですぐに査定をおこない、即時現金払いが基本です。

そのため、今すぐ要らない楽器を売ってお金を手にしたい方にとっては最高の買取業者と言えます。

また、店舗数が多いところもハードオフの魅力です。

パパっと楽器を持ち込んで査定をしてもらい、すぐに楽器を処分できるというのは非常に便利かつ大きなメリットなので、ぜひ一度利用してみてください。

ジャンク品も買取可

楽器買取にハードオフを選ぶもっとも大きなメリットは「ジャンク品でも買い取ってくれる」ところです。

通常の楽器店では買取をしてくれないような楽器でも、ハードオフならしっかりと値段を付けて買い取ってくれます。

仮にギターであれば弦が張っていない、ネックに損傷があるものでも買取可能です。

もちろん減額対象にはなりますが、こうしたジャンク品を買い取ってくれる業者というのはとても貴重なのでありがたい存在と言えます。

また、アンプやエフェクターなど音楽機材の場合は、電源用のアダプターを紛失していても本体だけあれば買い取ってくれます。

「色々な楽器店に連絡してみたけど値段が付かなかった」という楽器をお持ちの方は、ぜひ今すぐハードオフまで連絡をしてみてください。

楽器であればほぼ大半のものが買取対象となっています。

ハードオフの楽器買取のデメリット

続いては楽器買取にハードオフを選ぶデメリットについて解説していきます。

まず、ハードオフは楽器専門の買取店舗ではないので、査定額がマニュアル化されています。

そのため、中古楽器屋に売るよりも査定額が安くなる可能性があるということを理解しておきましょう。

ほかの楽器店で値段が付かないようなジャンク品であればそこまで損をしませんが、ちょっと高価な楽器などを売るときには付加価値があまり付いてきません。

もちろんその楽器の買取相場価格で売れることは売れますが、より高く売りたいという方の場合は別の方法を考えるのもひとつの手です。

このあたりについては次に詳しく説明していきます。

楽器を高く売りたいなら

「より高い金額で楽器を売りたい、そのためなら多少は手間が掛かっても良い」という方であれば以下のような方法をおすすめします。

・フリマアプリに出品
・ネットオークションに出品
・楽器買取専門業者に査定依頼

最近はスマホがあれば簡単に中古品を売れるようになってきていますが、楽器も自分で売ることが出来ます。

たとえばメルカリやジモティーのようなフリマアプリを使えば、自分の好きな金額で楽器を売ることが可能です。

やり方としては売りたい楽器の写真を撮り、その楽器の詳細な情報を掲載して買い手が付くのを待つだけです。

「今すぐ楽器を処分したい」「今すぐ現金が欲しい」という方でなければ、こうした方法を試してみるのも悪くありません。

また、高額な楽器に関してはネットオークションに出品するのもおすすめです。

仮に有名な楽器メーカーから販売されていた限定のギターなどであれば、興味のあるマニアの方が高値で落札してくれる可能性があります。

一度ネットオークションに出してあまり良い値段が付かなければ買取業者にお願いするという流れもアリだと思いますので、ぜひ試してみてください。

なお、最終的にどこかの楽器買取業者に依頼したいとなったときには「楽器の買取屋さん
」がおすすめです。

「楽器の買取屋さん」は名前の通り楽器専門の買取業者です。

・即日現金払いOK
・出張買取OK
・宅配買取OK
・破損のある楽器も買取OK
・他社と査定額の比較OK

「楽器の買取屋さん」はこういった特徴を持っているのですが、出張買取に関してはタイミングが合えば最短30分で駆けつけてくれます。

もちろん査定料・キャンセル料などは一切掛かりません。

そのため、気軽に査定を依頼することが可能です。

これまでにおこなってきた買取実績も豊富で、ホームページ上では過去の買取額も公開しています。

同じような楽器を売りたいと考えている方にとってはかなり参考になる情報だと思いますので、ぜひそちらもご覧になってみてください。

そのほか「楽器の買取屋さん」は細かな楽器の大量買取や法人からの買取依頼にも対応しています。

 

【24時間受付】楽器の買取屋さんの無査定はこちら

 

まとめ

不要な楽器をどうにか高く売りたいという方に向けて、ハードオフやそのほかの買取業者をご紹介してきました。

まずはフリマアプリなどに出品してみて、売れなかったら買取業者に持ち込むというのも悪くありませんので、ぜひ色々な手段を試してみてください。

とは言え、手間なく楽器を処分したいのであればやはりハードオフを利用するのがもっとも楽です。

ジャンク品などを片付けたいときはぜひハードオフまで連絡をしてみましょう。