ウッドベース

ウッドベースを高く売るには?買取・フリマアプリの比較も

この記事では「自宅に要らないウッドベースがあるので売ってしまいたい」という方のために、その売却方法や高く売るためのコツをご紹介していきます。

ウッドベースはどうやって売るのが最適か?を知りたい方はぜひ参考にしていってください。

また、合わせてウッドベースを売るのにおすすめの楽器買取業者についても解説していきます。

ウッドベースはなかなかスペースを取るため、不要だと感じたらすぐにでも売ってしまいましょう。

楽器は放っておくとどんどん劣化してしまい、査定額が低くなってしまいます。

ウッドベースを売る方法

ウッドベース

それでは最初にウッドベースを売る方法から見ていきましょう。

ウッドベースの売り方には以下3つの方法があります。

・リサイクルショップで売る
・楽器買取店で売る
・フリマアプリで売る

それぞれの方法について詳しくその内容を掘り下げていきます。

リサイクルショップで売る

家の近くにリサイクルショップがあるという方なら、ウッドベースをリサイクルショップまで持ち込み買取査定をおこなってもらいましょう。

リサイクルショップでは大半の楽器を買い取ってくれます。

もちろんウッドベースも例外ではありませんので、買い取ってもらえる可能性は高いです。

また、リサイクルショップによっては自宅までウッドベースを引き取りに来てくれるところもあります。

こうしたリサイクルショップを利用すれば、わざわざ店舗まで楽器を持っていく手間が省けて便利です。

住んでいる地域によっては自宅のポストにリサイクルショップのチラシが入っている場合もありますので、普段何気なく捨てているチラシをチェックしてみてください。

 楽器買取店で売る

ウッドベースを売るなら楽器買取店に任せてしまうのがベストです。

楽器買取店には楽器の知識が豊富な店員が揃っていますので、しっかりとした査定額を付けてくれます。

仮にビンテージもののウッドベースを売るのであれば、ぜひ楽器買取店まで楽器を持ち込みましょう。

また、楽器買取店なら店頭買取のほかに出張買取や宅配買取といった方法にも応じてくれるところが多いです。

リサイクルショップのように自宅まで楽器を買い取りに来てくれるサービスのことを出張買取と呼びます。

楽器買取店の中には出張費用が掛からないところもありますので、費用の負担を少なくしたい方にとってお得です。

対して宅配買取は自分で楽器を梱包して楽器買取店まで郵送する方法を指します。

宅配買取OKというお店であれば自分の都合に合わせてウッドベースを売却できるので手軽です。

楽器買取店を探す手間もなくなるため、急ぎでウッドベースを処分したい方はぜひ楽器買取店の宅配買取などを利用しましょう。

フリマアプリで売る

なるべく高くウッドベースを売りたい場合は、自分で売却価格を決められるフリマアプリサービスを利用してみてください。

メルカリなどのフリマアプリを利用すると、自分の思った通りの価格でウッドベースが売れます。

普段からフリマアプリを利用している方であれば使い方も理解できていると思いますので、ウッドベースも同じ要領で売ってしまいましょう。

ウッドベースを売る方法を比較

ここからはウッドベースを売る方法ごとに、それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

リサイクルショップのメリット・デメリット

リサイクルショップを利用するメリットは「手軽さ」です。

また、どんな種類のウッドベースでも基本的には引き取ってくれることが多いというのもリサイクルチョップの長所と言えるでしょう。

ただし、リサイクルショップの査定額は楽器買取店などと比べて低めです。

専門的な知識がない分、ビンテージなどの区別なく査定額が付けられますので、高く売りたい方には少々不向きかもしれません。

フリマアプリのメリット・デメリット

フリマアプリのメリットはなんと言っても自分で売却価格を決められるところです。

仮に「絶対3万円で売りたい」と思っている場合は、自分で価格を下げない限り3万円で売れるチャンスがあります。

ただし、もちろん買い手が付かないケースがあることも理解しておきましょう。

また、フリマアプリのデメリットは「手間が掛かる」ところにあります。

ウッドベースを売るのであれば楽器本体の写真を撮影して、さらに詳細なサイズ・楽器の状態などを分かりやすく伝えなければいけません。

そして入札があった場合には自分でウッドベースを梱包して相手まで送るといった作業も必要です。

こうした「手間が掛かっても大丈夫」「売れるまで時間が掛かっても気にしない」という方であれば、フリマアプリを利用してみてください。

なお、フリマアプリで楽器を売る場合は、売ったあとにトラブルが起きる可能性もあるため必ず「返品不可」などの条件を記載しておきましょう。

楽器買取店のメリット・デメリット

楽器買取店を利用するメリットは「すぐに売れる」「高額査定が期待できる」「売った後にトラブルがない」という点です。

楽器買取店では日々多くの楽器を買い取っています。

そのため、査定額が安定的で不当に低い価格を提示されることもありません。

また、楽器を売った後にトラブルがないところも大きな魅力です。

楽器買取店を利用すると、その場で双方の合意のもと買取契約書にサインをします。

こうしておけば後からクレームが入ることもありませんので、安心して楽器を売ることが出来ます。

なお、楽器買取店を利用する上でのデメリットというのは特に見当たりません。

あるとすれば「楽器買取店の数が多いので、どこを利用すれば良いか分からない」といったことくらいです。

もちろん家の近くに店舗がない場合でも出張買取や宅配買取を利用すれば、全国どこの方でもウッドベースを売却することが可能です。

ウッドベースを高く売るおすすめの方法

ウッドベースを高く売る方法で考えると、おすすめはフリマアプリか楽器買取店の2択となります。

前述の通り、手間や時間が掛かっても問題がない方ならフリマアプリを使って自分の希望する価格でウッドベースを売りましょう。

手間を掛けたくない、後でトラブルが起きたら面倒という方であれば楽器買取店を利用してみてください。

なお、楽器買取店の利用を希望する場合はおすすめの買取業者があります。

それが「【楽器の買取屋さん】」です。

「楽器の買取屋さん」は全国対応の楽器買取業者です。

住んでいる地域によっては最短当日・30分以内に出張買取として自宅まで楽器を引き取りに来てくれます。

もちろんこの際の出張費は掛かりません。

また、「楽器の買取屋さん」なら宅配買取の費用もゼロ円です。

送料を負担する必要はなく、着払いにて楽器を売ることが出来ます。

さらに査定額に満足いかなかった場合の返送料も無料となっています。

つまり「自分の納得いく査定額なら売ればOK」「不満があればキャンセル料などなしで楽器を手元に戻せる」ということです。

ウッドベースを売りたい方にとっては非常に素晴らしい好条件が揃っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ウッドベースを高く売るコツ

ウッドベース

最後にウッドベースを高く売るコツについて解説しておきます。

ウッドベースを高く売りたいのであれば、楽器本体をキレイにしておきましょう。

パッと見たときの印象というのは査定額に影響を与えます。

もちろんフリマアプリで売る際もキレイな楽器の方が入札されやすいです。

また、ケースなどの付属品を一緒に用意しておくことも大事です。

裸のままの楽器を売るより、ケース付きの方が高く売れます。

あとは複数の売り方を組み合わせるのもひとつのコツです。

フリマアプリで希望する価格を提示し、なかなか買い手が付かなければ楽器の買取業者に任せるといった流れも試してみましょう。

まとめ

不要なウッドベースを売りたいという方に向けて、楽器を売る方法やおすすめの楽器買取業者をご紹介してきました。

ウッドベースを売るならフリマアプリか楽器買取業者の利用がおすすめです。

なお、手間を掛けずにすぐ売りたい場合は楽器買取業者一択となっていますので、ぜひ利用を検討してみてください。