ギターを高く売るおすすめの方法は?フリマアプリ・楽器買取などを比較

学生〜社会人まで「ギターを趣味にする」「弾けるように練習する」ために購入して挑戦する人が多くいる一方で途中で挫折したり飽きてしまったりで自宅でギターが眠っているケースが多くあります。

また学生時代は本格的にやっていたけど、社会人になって全くやらなくなり、ギターだけが残っているという人もいるでしょう。

ここでは「ギターを売ろうと考えている人」向けに、ギターを売る方法や高く売るコツを解説します。

またリサイクルショップや、楽器買取専門店、フリマアプリの比較もしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

手間をかけずに少しでも高く売りたい方は、最短即日30分の無料の出張査定サービスをおこなっている「楽器の買取屋さん」をチェック!

中古のギターを売る方法

まずはじめに、中古のギターを売る主な3通りの方法を紹介します。

  • リサイクルショップ
  • 楽器買取店
  • フリマアプリ

では3つの買取り方法の流れや、どのような特徴があるのかを見ていきましょう。

リサイクルショップで売る

家具や書籍、衣服など幅広いジャンルのものを取り扱っているリサイクルショップは、ギターの買取も実施しているところがほとんどです。

リサイクルショップでギターを売る際の流れとしては、まずは自分で売りたいギターをリサイクルショップに持ち込みます。

そしてギターを店舗に持ち込んだら、リサイクルショップの店員に売りたい意思を伝えます。

そうすると、名前や住所、連絡先など個人情報を記入する用紙を渡されますので、それを記入し、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を提示します。

それが済んだ後に、査定が始まります。

お店の混雑状況にもよりますが、基本的に30分以内で終わることが多いです。査定が終わると金額が提示されます。

金額に納得したら現金をその場で受け取り、納得しなければ、返してもらうこともできます。

楽器買取店で売る

次に楽器を専門に買取を実施する楽器買取店で売る方法ですが、最近は都心部を中心にこうした業者が増えています。売る方法としては主に以下の3つがあります。

  • 持ち込み買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

持ち込みの場合はリサイクルショップと同じで、楽器買取店にギターを持っていき、査定をお願いするという流れです。

出張の場合は楽器買取店のスタッフが指定の場所まで訪問してくれます。

その場でギターの査定をおこない、買取金額の提示、納得すれば、その場で現金で受け取るか、銀行振り込みの場合もあります。自宅に来てもらうこともできるので、ギターの持ち運びが難しいという場合に最適です。

宅配買取の場合はギターを楽器買取店に送るだけで査定をしてもらえ、結果が出るとメールや電話で連絡してもらえます。査定結果に満足したら銀行振込でお金を受け取ることができます。

このように楽器買取店は3つの買取方法がありますので、自分の状況に合わせて選ぶことができます。

フリマアプリで売る

メルカリやラクマなどフリマアプリは禁止されているものを除いて、基本的に何でも売ることができて、売りたい商品を出品すると、出品項目の一覧に並べられ、そこから購入者が選んでいくという仕組みです。

ラクマやメルカリなど種類はありますが、基本的に使い方や流れは変わりません。

まずは売りたいギターの画像をスマホで撮影します。この時に1枚だけではなく、複数枚、しかも細部まで撮影するのが望ましいです。

特にキズや落ちない汚れがあるギターは撮影しておかないと、後々トラブルになる可能性があるため注意が必要です。

写真を撮った後は、商品の登録を行います。

商品登録ではギターの名前や説明、カテゴリーの設定、配送方法、価格の設定などの項目があるので埋めていきます。

特にギターの説明や価格の設定はギターを売るために大事な部分です。

情報が少なかったり適当な文章だったりすると、興味は持たれても購入はされず、売れ残ってしまいます。また値段設定も相場よりあまりに高すぎると売れません。

そのため、同じようなギターがどれくらいの値段で取引されているか、相場を事前に調べてから出品するのがいいでしょう。

少しでも高く売りたいという気持ちになるとは思いますが、相場より高いと中々売れません。

出品の手続きが完了したら、後は購入されるのを待つだけですが、購入前に興味を持った人からコメントによる質問がくることもあります。

無事にギターが購入された後は、支払い手続きを待って、指定された住所にギターを送ります。

ギターが購入者のもとに届いて、到着の通知が行われれば、手数料を引かれた金額を受け取れます。

このようにフリマアプリは手順が多いので、利用したことがない人にとっては少し難しく感じるかもしれません。

ただ出品するだけであれば、無料ですので、とりあえずチャレンジしてみるというのも良いでしょう。

ギターを売る方法を比較

ではここからは、ギターを売る3つの方法を比較していきます。

それぞれの特徴を比較すると以下の通りです。

ギターを売る方法 メリット デメリット
リサイクルショップ 時間がかからない 買取り金額が安め
楽器買取店 幅広い買取方法がある 業者選びなどの手間がある
フリマアプリ 高く売れやすい 手間がかかる

ではそれぞれのメリットやデメリットについて詳しく見ていきましょう。

リサイクルショップのメリット・デメリット

リサイクルショップのメリットはギターをすぐに売れることです。

ギターをリサイクルショップに持っていき、30分程度で査定まで終わるため、すぐに現金を受け取ることができます、とにかく早くギターを売りたい人にはおすすめです。

ただリサイクルショップの買取り金額は安い傾向にあります。

リサイクルショップの場合、何でも買い取ってくれるというメリットがありますが、その分、なるべく在庫を抱えないように販売価格を抑えるために、自然と買取金額が安くなる傾向にあります。

またリサイクルショップの場合は楽器の専門的な知識がない場合が多いです。

本来は価値があるギターも場合によっては、買取相場よりも大幅に安くなる可能性もあります。

これらはリサイクルショップでギターを売る際のデメリットといえます。

このようにリサイクルショップの買取りは安くなる傾向にあるため、とにかく早くギターを売りたい場合のみおすすめといえます。

フリマアプリのメリット・デメリット

フリマアプリのメリットとしては、高く売れることです。自分で値段を決めることができるので、商品の状態によっては相場よりも高く売れることがあります。

それこそギターを集めることが趣味の人に当たれば高く売れます。

ただフリマアプリは手間が多いというデメリットがあります。

紹介したように、操作に慣れていないと出品するだけでも苦労します。

出品して購入された後も梱包や、発送、購入者とのやりとりなどやることがあります。

特にギターは配送中に破損する恐れがあるため、梱包は厳重に行わなければなりません。梱包不備によって破損した場合はトラブルになることもあります。

このように手間や多少のリスクはありますが、手続き自体はそこまで複雑ではありません。

フリマアプリの場合は高く売ることもできるので、とにかくギターを高く売りたい方にはおすすめです。

ただ、リサイクルショップや楽器買取店で売るのとは異なるデメリットがあることを知っておく必要があるでしょう。

楽器買取店のメリット・デメリット

楽器買取店は持ち込み・出張・宅配とさまざまな方法に対応していることや、楽器買取の専門スタッフによる査定を受けられるのがメリットです。

店舗への持ち込みは、リサイクルショップと同じようにすぐに売ることができます。近くになくてもエリアによっては出張買取が可能で、宅配買取であればエリアに関係なくどこでも可能です。

さらに買取金額もリサイクルショップより高くなる傾向にあります。楽器を専門に買い取っている実績のある業者であれば、ブランドや状態等から正確な査定が可能で、不当な値段を提示されることもまずありません。

ただそれでもフリマアプリより高く売れる可能性は低いので注意は必要です。

買取業者は買い取ったものをさらに別の人に販売して利益を得ているため、売れる相場よりもやや低めで買取をします。

フリマアプリであればその売れる相場で販売することができます。

楽器買取店には以上のメリット・デメリットがあるので、なるべく手間はかけずに、少しでも高くギターを売りたい人におすすめです。

ずばりギターを高く売るおすすめの方法は?

ここまでギターを売る方法や、リサイクルショップ、楽器買取店、フリマアプリの比較をしてきましたが、ずばりおすすめの方法は、「フリマアプリ or 楽器買取店 」です。

フリマアプリであれば自分の希望する価格で販売ができますので、売れる相場の金額を受け取ることが可能です。

ただフリマアプリの場合は手間がかかり、トラブルが起きた際の対応なども必要になります。

そのため、「普段からフリマアプリを利用している」「手間をかけてでも高く売りたい」場合は迷わずフリマアプリで売るのがいいでしょう。

一方フリマアプリを使ったことがなく、「手間をかけたくないけど安売りはしたくない」場合は楽器買取店で売るのがおすすめです。

数ある楽器買取店の中でおすすめは「楽器の買取屋さん」です。

楽器の買取屋さんは10年以上にわたってギターを買取りしていて、すでに3000本以上のギターを買い取っている実績があります。

さらにギター以外にもアンプやエフェクター、チューナーなどの付属品の買取りにも対応しています。

特に、最短即日30分の無料の出張査定サービスが魅力的です。楽器に精通しているスタッフによる査定でその場で現金の受け取りもできます。

※出張可能エリア→東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・静岡・山梨・長野・大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・愛知・三重・岐阜・広島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

※その他のエリアでも宅配買取は可

公式HPでは主な買取実績(楽器の種類・ブランド・買取金額)が公表されていますので、参考にもなります。

楽器の買取屋さんを利用するには2つのパターンがあります。

  • 電話から無料査定をする
  • 申し込みフォームから無料査定を申請する

どちらか都合の良い方から査定の申し込みをしましょう。

「楽器の買取屋さん」の無料査定はこちらから→楽器の買取屋さん

楽器の買取屋さんに関する詳しい記事はこちら

楽器の買取屋さんの特徴・利用方法は?過去の買取実績も紹介

ギターを高く売るコツ

ギターを高く売るには以下の3点を確認しましょう。

  • 手入れをする
  • 付属品を付ける
  • 複数の業者の査定額を比較する

この3つのことを押さえておくと、そのまま何もせずに送るよりギターを高く売れます。

では具体的に何をすれば良いのか見ていきましょう。

手入れをしてから売る

査定の時にギターにキズや汚れがあると金額が下がってしまいます。

特に長い間、物置や倉庫にしまっていたギターは、そのまま査定に出すと大きく値引きされることになるでしょう。

手入れの仕方がわからなくても、一通り乾拭きするだけでもギターの印象は変わり、査定に影響してきます。

特に指板やフレッド脇、メッキ部分は汚れているので注意しましょう。

また、ギターの手入れをする時は薬品等の使用は避けた方がいいです。

ギターの種類によっては薬品を付けることで状態が悪くなるからです。

また可能であればチューニングをしておきましょう。

チューニングされている楽器は査定の手間がかからないので、査定をする人にとってもありがたく、査定がスムーズに終われば、それが金額に考慮されることがあります。

もしチューニングをしようとした結果、弦が錆びている時は新しいものに交換した方が良いでしょう。

ただ新しく弦を購入するとギターの売値と割が合わなくなるので、弦を持っている場合は交換しておきましょう。

付属品を付けて売る

ギターは付属品の有無でも査定額が変わります。

楽器の周辺機器や、楽器のケースだけでなく、取扱説明書や保証書など付属品が完璧にそろっていると買取り額も高くなります。

一方、ケースすらないギターだけの状態だと査定額が下がってしまいます。

昔のギターだと付属品等がないことも多いと思いますが、極力ギターの付属品を見つけて一緒に査定に出しましょう。

とはいえ、付属品がなくても高く売れるギターもありますので、それほど神経質になることはありません。

紹介した「楽器の買取屋さん」では付属品がなくても買取りが可能です。

もし自宅のどこを探しても保証書や周辺機器が見つからない時も、とりあえず査定に出してみるのがいいでしょう。

複数の業者の査定額を比較する

楽器買取店は多数ありますので、複数の業者に査定依頼をして比較しましょう。

業者によって査定基準や金額が異なりますので、少しでも高い金額を提示する業者に売るのがおすすめです。

無料のオンライン査定を実施している業者もあり、例えば【タカミツ楽器の無料オンライン査定】だと楽器の種類やメーカーを入力して、写真を添付すると概算で買取金額を提示してくれます。

まとめ

ここまでギターを売る方法について紹介してきました。

高く売るには、フリマアプリがおすすめですが、使ったことがなかったり手間を避けたかったりする場合は、楽器買取店がおすすめです。

楽器買取店はフリマアプリほどではありませんが高い値段で売れて、手続きも簡単です。

そして楽器買取店なら実績がある楽器の買取屋さんを利用すると安心してギターを売れます。

楽器の買取屋さんでは付属品なしや汚れがある場合でも買取りをしてくれます。

手入れしてみたけどギターを購入した時の状態に戻らない場合も安心です。

楽器の買取屋さんでは無料で査定を行っているので、ギターを売りたいと考えている人は利用してみてはいかがでしょうか

「楽器の買取屋さん」の無料査定はこちらから→楽器の買取屋さん

その他のおすすめ楽器買取店はこちら

関連記事:

アコースティックギターを高く売る方法とコツ|楽器買取やリサイクルショップとの比較も

エレキギターを高く売る方法とコツ|楽器買取とフリマアプリの比較も

クラシックギターを高く売る方法とコツ|楽器買取とリサイクルショップの比較も