中古のアンプを売る方法とコツ!楽器買取やリサイクルショプの比較も

「自宅に眠らせているアンプがある」

「買い替えで不用になったアンプがある」

「遺品整理でアンプが出てきた」

などの状況の方向けに「中古のアンプを売る方法とコツ」をテーマに中古のアンプを売る主な方法やそれぞれのメリット・デメリット、個人の都合に合わせたおすすめの方法、高く売るためのコツを紹介しています。

中古アンプの売却を検討している方に有益な情報を発信していますので参考にしてみてください。

手間や時間はなるべくかけずに、少しでも高くアンプを売りたいという方は、最短即日30分の無料の出張査定サービスが魅力の「【楽器の買取屋さん】」をチェック。

中古のアンプを売る方法

まずはじめに、中古のアンプを売る主な方法の特徴や売る際の流れをみていきます。主な方法は以下の3つです。

・リサイクルショップで売る

・楽器買取店で売る

・フリマアプリで売る

リサイクルショップで売る

不用になった中古品を売る際の定番ともいえるリサイクルショップは大手をはじめ全国各地に店舗があり、書籍やゲーム、ブランド品、家具、家電、衣服類など幅広いジャンルのものを買取・販売しています。

ギターやバイオリン、ドラムなどの楽器に加えてアンプなど中古の音響機器も買い取ってもらうことが可能です。

リサイクルショップでアンプを売る場合、アンプを店舗に持ち込んで査定の依頼、査定額を確認して金額に納得したらその場で引き渡して現金を受け取ります。

査定を申し込む際には、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど本人確認書類の提示が求められます。

楽器買取店で売る

リサイクルショップの店舗が増えている一方で特定ジャンルに絞った買取・販売を実施する業者も増えていて、その一つが楽器を専門に扱う楽器買取店です。

楽器買取店は楽器本体だけはでなくアンプなどの音響機器の買取も実施していて、主な買取方法は「店舗・出張・宅配」の3つです。

お客が来店できる店舗を構えず、事務所だけで出張・宅配買取のみを実施する業者もあります。

店舗買取

売りたいアンプを店舗に持ち込み、査定の申し込み、査定金額の確認、金額に納得したらその場で引き渡して現金を受け取ります。リサイクルショップで売却するのと同じような流れで店舗が近くにあるという方におすすめです。

出張買取

自宅など指定の場所に業者スタッフの出張を依頼してその場で査定、査定額に納得したらアンプを引き渡して現金を受け取るか銀行振り込みの手続きをします。

自宅にいながら査定から現金の受け取りまで完了する便利なサービスですが、業者によって対応エリアや条件(複数の楽器・音響機器がある場合など)があります。

宅配買取

売りたいアンプを業者に指定された住所へ送って査定の依頼、査定金額に納得したらそのまま引き渡し、銀行振り込みで現金を受け取ります。業者や住居の所在地に関係なく基本的に全国どこでも利用が可能です。

楽器買取店でアンプを売る場合もリサイクルショップと同様に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの本人確認書類の提示やコピーの提出が必須になります。

フリマアプリで売る

スマートフォンの普及で利用者が年々増えているメルカリ・ラクマなどのフリマアプリ(フリーマーケットアプリ)は個人間の売買が可能なプラットフォームでアンプなど中古の音響楽器の出品・販売も可能です。

フリマアプリを使って「アンプ」と検索するとたくさんの出品があり、メーカーやモデル、状態によっては高額で取引されているのが確認できます。

中古のアンプをフリマアプリで売る場合には、スマートフォンにアプリをダウンロードして登録後、商品写真のアップロード、メーカーやモデル、状態、発送方法、販売価格の設定をして出品。

商品が購入され、支払い手続きがされたら梱包して発送、購入者の元に届いて受け取り通知がされるとシステム手数料を引かれた金額がアプリのアカウント上に入金されます。

アンプを売る方法を比較

中古のアンプを売る主な3つの方法である「リサイクルショップ・楽器買取店・フリマアプリ」の特徴や利用方法をみてきましたが、次に各メリット・デメリットで比較していきます。

売る方法 メリット デメリット
リサイクルショップ 現金化までが早い 買取り金額が安い
楽器買取店 幅広い買取方法がある 業者選びなどの手間がある
フリマ・ネットオークション 高く売れる 手間や時間がかかる

リサイクルショップで売るメリット・デメリット

アンプをリサイクルショップで売るメリットとしては「現金の受け取りまでが早い」ことです。

近所にリサイクルショップがあって営業時間内に持ち込めば、場合によっては30分以内に現金の受け取りができます。

一方で「買取金額が安い」というデメリットがあります。中古品の総合店であるリサイクルショップは楽器買取の専門店と比べるとどうしても査定額は低くなりがちです。

楽器に精通したスタッフがいることも少なく、マニュアルでの査定になると高額買取は難しくなります。

楽器買取店で売るメリット・デメリット

楽器買取店でアンプを売るメリットとしては「都合に合わせて買取方法を選べる」「楽器買取に精通したスタッフによる査定を受けられる」ことです。

楽器買取店の店舗買取を実施している業者が近所にあれば、持ち込んで買い取ってもらえば現金化までが早くなります。

移送手段がない場合や自宅で査定から現金の受け取りまで済ませたい場合には出張買取があり、また宅配買取であれば、所在地を問わず高額買取の業者を選ぶことができます。

デメリットとしては「フリマアプリほどの金額では売れない」「業者選びの手間がある」ということです。

リサイクルショップで売るよりは高額査定でも、個人に直接販売するフリマアプリと比べるとその金額は下がってしまいます。

また楽器買取店は数多くあり、より高額で買い取ってもらえて、なおかつ信頼できる業者を探すのは多少なりとも手間になります。。

フリマアプリで売るメリット・デメリット

フリマアプリでアンプを売るメリットは他の方法と比べて「もっとも高く売れる」ということです。

個人に直接販売できるため、業者に売るよりも高額になり、システム手数料がかかっても受け取れる金額は高くなります。

ただ一方で個人に直接販売するフリマアプリは「もっとも手間や時間がかかる」「トラブルリスクがある」といったことがデメリットです。

出品作業をはじめ、購入者とのやりとり、梱包、発送手続きなどやることや対応することが多く、購入者からのクレームなどトラブルリスクもあり、リサイクルショップや楽器買取店にはないデメリットがあります。

ずばり!アンプを高く売るおすすめの方法は?

ここまで中古のアンプを売る主な方法である「リサイクルショップ・フリマアプリ・楽器買取店」の特徴や利用方法、メリット・デメリットをみてきました。

ずばり!中古のアンプを売るおすすめの方法は「フリマアプリ または 楽器買取店」です。

3つの中でもっとも高く売れるフリマアプリはやはり魅力的でフリマアプリの利用に慣れていたり、時間や手間をかけてでも高く売りたかったりする場合には迷わずフリマアプリを選ぶのがいいでしょう。

ただ一方で安売りはしたくないけど、フリマアプリの利用に慣れていない、手間や時間をかけたくない、トラブルは避けたいという場合には楽器買取店で売るのがおすすめです。

リサイクルショップよりも高額査定が期待できて、フリマアプリのようなデメリットもありません。

おすすめの楽器買取店は、10年以上の楽器買取の実績がある「【楽器の買取屋さん】」です。

楽器の買取屋さんであれば、楽器に精通したスタッフによる査定が受けられ、安心してアンプを売ることができます。

特に、最短即日30分の無料の出張査定サービスが魅力です。楽器に精通しているスタッフによる査定でその場で現金の受け取りもできます。

※出張可能エリア→東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・静岡・山梨・長野・大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・愛知・三重・岐阜・広島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

※その他のエリアでも宅配買取は可

ホームページではこれまで査定や買取を実施した楽器の種類・メーカー・金額が載っていますので、ある程度の買取相場を把握できます。

楽器の買取屋さんでアンプを売る場合には以下の方法で利用します。

  • 電話から無料査定の申し込み
  • 申し込みフォームから無料査定の申し込み

査定は無料ですので、気になる方は査定から申し込んでみてください。

「楽器の買取屋さん」の無料査定はこちらから→【楽器の買取屋さん】

アンプを高く売るコツ

では最後に、中古のアンプを少しで高く売るコツとして3つのポイント解説します。

  • 手入れをしてから売る
  • 付属品を付けて売る
  • 複数の買取業者を比較する

手入れをしてから売る

ギターやバイオリンなどの楽器と同じように中古の音響機器の査定では汚れがあると印象が悪くなって査定額が下がりますので、手入れをしてから売るのがおすすめです。

手入れの仕方がわからなくても、目に見える汚れを落とすだけでも見た目の印象が変わります。

付属品を付けて売る

箱や説明書などの付属品があると査定でプラスの影響がありますので、付属品があれば一緒に売りましょう。

ヴィンテージ品など付属品がないケースも多いと思いますが、もしあれば一緒に売るのがおすすめです。

複数の買取業者を比較する

1つの業者だけに査定を依頼して売るのではなく、複数の業者に依頼して査定額を比較することで少しでも高く売ることができます。

業者によって査定基準や金額は異なりますので、手数料の有無なども見ながら比較検討しましょう。

楽器の種類やメーカー、モデル、写真などから概算で買取金額を提示してくれる無料オンライン査定を実施している業者もありますので、そうした活用もおすすめです。

例えば楽器買取店の【タカミツ楽器の無料オンライン査定】だと概算の査定金額に納得したら全国どこでも出張・宅配買取で売ることができますので、気になる方は利用してみてください。

まとめ

ここまで「中古のアンプを売る方法とコツ」をテーマに中古のアンプを売る主な方法やそれぞれのメリット・デメリット、個人の都合に合わせたおすすめの方法、高く売るためのコツを紹介してきました。

フリマアプリはアンプをもっとも高く売れる方法でおすすめですが、手間や時間がかかる、トラブルリスクがあるなどのデメリットがあるため、それらを理解した上で利用しましょう。

一方で安売りはしたくないけど、手間や時間をかけずにトラブルも避けたいという方には楽器買取店で売るのがおすすめです。

楽器買取店のおすすめは、楽器の買取屋さんです。

買取実績が豊富な業者で専門スタッフによる査定も受けられ、安心して依頼することができます。

気になる方は無料査定から申し込んでみてください。

「楽器の買取屋さん」の無料査定はこちらから→【楽器の買取屋さん】