電子ドラムを高く売る方法とコツ|楽器買取店とリサイクルショップの比較も

自宅や室内での練習に最適な電子ドラムセットは人気の電子楽器で中古での需要もあり、メーカー・モデルや状態によっては高額で取引されています。

ここでは、電子ドラムの売却を検討している方向けに電子ドラムを売る方法の比較や個人の状況や都合に合わせたおすすめの方法、高く売るためのコツといった情報を紹介しています。

「中古の電子ドラムを売りたいけど、どうやって売ればいいの?」という方は参考にしてみてください。

余計な手間や時間はかけずになるべく高い値段で電子ドラムを売りたい場合には、最短即日30分の無料の出張査定サービスが特徴の「【楽器の買取屋さん】」をチェック。

中古の電子ドラムを売る方法

まず中古の電子ドラムを売る主な方法の「リサイクルショップ・楽器買取店・フリマアプリ」の特徴や売る場合の流れをみていきます。

リサイクルショップで売る

古本やゲーム、家電、家具、衣服類、ブランド品など幅広いジャンルのものを買取・販売しているリサイクルショップは都心部から地方まで様々な場所に店舗があり、電子ドラムなど中古の電子楽器の買取も実施しています。

リサイクルショップで電子ドラムを売る場合は、店舗に直接持ち込んで査定の依頼、査定額を確認して金額に納得したらその場で引き渡して現金を受け取ります。

査定の申し込み時には、名前や住所など個人情報の記入や運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類の提示が必須です。

楽器買取店で売る

幅広いジャンルの中古品を買い取るリサイクルショップとは逆に、楽器に特化した買取を実施する楽器買取店ではギターやベースなどの楽器だけではなく電子ドラムなど電子楽器も買い取ってもらえます。

楽器買取店で楽器を売る場合には主に以下の方法があります。

・店頭買取

・出張買取

・宅配買取

店頭買取は、店舗に売りたい楽器を持ち込んで査定の依頼、査定額を確認してから引き渡してその場で現金を受け取り、リサイクルショップと同じ流れになります。

出張買取は、業者スタッフに自宅など指定の場所に来てもらってその場で査定、金額に納得したらそのまま引き渡して現金を受け取るか、銀行振り込みの手続きをします。楽器の持ち運びが困難な場合に便利な方法です。

宅配買取は、売りたい楽器を業者に指定された住所へ送り、後日査定金額を確認して、金額に納得したらそのまま楽器を引き渡して銀行振り込みでお金を受け取ります。出張買取の対応エリア外や人と対面せずに買い取ってもらいたい場合に便利な方法です。

楽器買取店で買取ってもらう際には、リサイクルショップと同じように本人確認書類の提示やコピーの提出などが必要です。

フリマアプリ・ネットオークションで売る

個人間の売買を仲介するサービス、メルカリ・ラクマなどのフリマアプリ(フリーマーケットアプリ)でも中古の電子ドラムの出品・販売が可能です。

フリマアプリ上で「電子ドラム」と検索するとたくさんの出品があり、中には高額で取引されているものもあります。

フリマアプリで電子ドラムを出品・販売する場合は、出品物をスマートフォンのカメラで撮影、メーカーや状態、配送方法などを設定して出品。購入者が現れて、支払い手続きがされたら梱包して発送。

購入者の元に商品が届いて受け取り通知がされると出品者にシステム手数料を除いた金額がアプリ上で入金されます。

アプリ上に入金されたお金は運営側への入金申請で自分の口座に振り込んでもらえます。

電子ドラムを売る方法を比較

中古の電子ドラムを売る方法である「リサイクルショップ・楽器買取店・フリマアプリ」の特徴や買取・取引の流れをみてきましたが、次にそれぞれのメリット・デメリットを解説し、比較していきます。

売る方法 メリット デメリット
リサイクルショップ 現金化までが早い 買取り金額が安め
楽器買取店 幅広い買取方法がある 多少の手間がかかる
フリマアプリ 高く売れる 手間がかかる

リサイクルショップのメリット・デメリット

リサイクルショップで電子ドラムを売ると「現金の受け取りまでが早い」というメリットがあります。

近くにあるリサイクルショップに売りたい電子ドラムを持ち込めば、場合によっては30分以内に現金の受け取りが可能です。

現金化までが早い一方で他の方法と比べて「査定金額が低い」傾向にあるデメリットがあります。

幅広いジャンルのものを買い取るリサイクルショップの特性上、楽器買取の専門店に比べると査定額は低くなりがちで、個人に直接販売できるフリマアプリと比べるとさらにその金額は下がります。

リサイクルショップには楽器に精通したスタッフがいるとは限らず、マニュアルでの査定になると高額買取は難しいのです。

フリマアプリのメリット・デメリット

電子ドラムをフリマアプリで売る場合、他の方法と比べて「もっとも高く売れる」というメリットがあります。

個人に直接販売できるフリマアプリは、希望価格で出品できるためシステム手数料が引かれても受け取れる金額は他の方法と比べて高くなり、人気メーカー・モデルや状態がいいとさらにその値段は上がります。

高い値段で売れる一方で、他の方法にはないデメリットがあります。

「手間や時間がかかる」

「トラブルのリスクがある」

出品作業や購入者とのやりとり、梱包、発送など多くの手間があり、特にスマホ操作に慣れていないと出品をするだけでも一苦労です。

またすぐに購入希望者が現れるとも限らないため、現金化までに時間もかかります。さらに梱包不備による配送中の楽器の破損や、購入者からのクレームなど個人間取引ならではのトラブルもあります。

楽器買取店のメリット・デメリット

楽器買取店で電子ドラムを買い取ってもらう場合「幅広い買取方法を選べる」「楽器に精通したスタッフによる査定が受けられる」というのがメリットです。

持ち込みで対面での買取を希望する場合には店頭買取、移動手段がない場合や持ち運びが困難な場合には出張買取、出張エリア外や対面せずに売りたい場合には宅配買取を選べます。

また楽器に精通したスタッフによる査定を受けられるメリットもあり、リサイクルショップのようなマニュアル査定ではなく、正しい価値を見いだしてもらえます。

一方で「フリマアプリほどの金額では売れない」「業者選びなどの手間がある」といったことがデメリットです。

リサイクルショップよりは高い査定額でも個人に直接販売するフリマアプリと比べたら金額は下がります。また数ある業者を選ぶ手間も多少なりともあります。

ずばり!電子ドラムを高く売るおすすめの方法は?

中古の電子ドラムを売る主な方法である「リサイクルショップ・楽器買取店・フリマアプリ」のメリット・デメリットなど比較をしましたが、

結論として電子ドラムを売るおすすめの方法は「フリマアプリ または 楽器買取店」です。

3つの方法の中でもっとも高く売れるフリマアプリは魅力的ですので、「フリマアプリの利用に慣れている」「トラブルリスクなどは承知で時間や手間はかかっても高く売りたい」という方は迷わずフリマアプリで売るのがいいでしょう。

一方で「少しでも高く売りたいが、手間や時間はかけられない」「トラブルは避けたい」という方は楽器買取店の利用がおすすめです。

リサイクルショップよりも高額で買い取ってもらえ、フリマアプリほどの手間や時間はかからず、トラブルの心配もありません。

特に電子ドラムは持ち運びが難しいため、出張買取または宅配買取がいいでしょう。

楽器買取店は買取実績が豊富な「【楽器の買取屋さん】」がおすすめです。

これまで10年以上の楽器買取の実績がある楽器の買取屋さんであれば、安心して電子ドラムを売ることができます。

特に、最短即日30分の無料の出張査定サービスが魅力です。楽器に精通しているスタッフによる査定でその場で現金の受け取りもできます。

※出張可能エリア→東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・静岡・山梨・長野・大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・愛知・三重・岐阜・広島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

※その他のエリアでも宅配買取は可

ホームページには、これまでの買取実績(楽器の種類・ブランド・買取金額)が公表されていますので、買取相場を確認することも可能です。

楽器の買取屋さんで電子ドラムを買い取ってもらう場合には以下の方法で無料査定を申し込みます。

  • 電話から無料査定の申し込み
  • 申し込みフォームから無料査定の申し込み

査定自体は無料ですので、気になる方は気軽に申し込みをしてみてください。

「楽器の買取屋さん」の無料査定はこちらから→【楽器の買取屋さん】

電子ドラムを高く売るコツ

では最後に中古の電子ドラムを少しでも高く売るためのコツとしてポイントを3つ紹介します。

  • 手入れをしてから売る
  • 付属品を付けて売る
  • 複数の買取業者を比較する

手入れをしてから売る

楽器は傷や汚れがあると印象が悪くなり、査定に悪い影響がありますので、事前に手入れをしてから売るのがおすすめです。

もちろんどうしようもない傷はありますが、簡単な手入れで落ちる汚れはあります。目に見える汚れを落とすだけでも印象は変わるでしょう。

付属品を付けて売る

電子ドラムのマットや箱、説明書など付属品があると、査定額が上がる傾向にありますので、できる限り付属品を一緒に売りましょう。

付属品がなくても高い値段で売れる電子ドラムもありますが、付属品の有無でさらにプラスになることを知っておきましょう。

複数の買取業者を比較する

楽器買取店で売る場合に、複数の業者に査定を依頼して金額を比較することで少しでも高く売ることができます。

業者によって査定基準が異なり、提示額も変わるため複数の業者で比較するのがおすすめです。

また無料オンライン査定を実施している業者を利用すると自宅にいながら概算の買取額を把握できます。

例えば、楽器買取店の【タカミツ楽器の無料オンライン査定】だと楽器の種類やメーカー、モデルを入力して写真を添付すると概算で買取金額を提示してくれます。

まとめ

ここまで電子ドラムの売却を検討している方向けに、電子ドラムを売る方法の比較や個人の状況に合わせたおすすめの方法、高く売るためのコツなどの情報を解説してきました。

もっとも高く売れるフリマアプリは魅力的でおすすめする一方で、スマホ操作に慣れていない方や手間や時間をかけられない、トラブルを避けたいという方は楽器買取店で買い取ってもらうのがいいでしょう。

おすすめの楽器買取店は「楽器の買取屋さん」です。

楽器を専門に買い取っている業者で買取実績も豊富なので安心して依頼することができます。

無料で査定の依頼ができますので、気になる方は無料査定から申し込んでみてください。

「楽器の買取屋さん」の無料査定はこちらから→【楽器の買取屋さん】