中古エフェクター高く売る方法とコツ|楽器買取店とフリマ・オークションの比較も

ギターの音色を変化させる音響機器エフェクターは中古での需要も高く、メーカーやモデル、状態によっては高値で取引されています。

この記事では「中古エフェクター高く売る方法とコツ」をテーマにエフェクターを売る主な手段の紹介や比較、高く売るためのコツを解説しています。

中古のエフェクターの売却を検討している方は参考にしてみてください。

手間や時間はかけずに、少しでも高くエフェクターを売りたい場合は、最短即日30分の無料の出張査定サービスが特徴の「【楽器の買取屋さん】」をチェック。

中古のエフェクターを売る方法

まずは、中古のエフェクターを売る主な方法である、リサイクルショップや楽器買取店、フリマアプリ・ネットオークションの特徴や売る際の流れをみていきましょう。

リサイクルショップで売る

大手をはじめ、全国各地に店舗があるリサイクルショップはブランド品や家電、家具、ファッションアイテム、アウトドア用品など幅広いジャンルのものを買取・販売していて、エフェクターなど音響機器の買取も実施しています。

リサイクルショップで売る場合には、売りたいものを店舗に持ち込み、査定の依頼、査定額の確認、引き渡し、現金の受け取りという流れです。

査定を申し込みの際には、名前や住所、連絡先などの記入と合わせて運転免許証やパスポートなど本人確認書類の提示も必須になります。

楽器買取店で売る

ジャンルを問わず買取を実施しているリサイクルショップとは対照的にジャンルを絞って買取を実施している業者が増えていますが、その一つが楽器買取店です。

ギターやバイオリンなどの楽器本体だけでなく、音響機器の買取も実施していて、楽器買取店では主に「店頭・出張・宅配」の買取方法があり、それぞれ特徴が異なります。

店頭買取は店舗に売りたい楽器を持ち込み、査定の依頼、査定額の確認、引き渡し、その場で現金を受け取り、リサイクルショップで売るのと同じような流れです。

出張買取は、自宅など指定した場所に業者スタッフの出張査定を依頼、その場で査定、査定額の確認、引き渡し、現金を受け取るか銀行振り込みの手続きをします。

宅配買取は、申し込み後に業者に指定された住所に楽器を送り、後日査定額の確認、そのまま楽器を引き渡して銀行振り込みで現金を受け取ります。

リサイクルショップと同様に楽器買取店でも申し込み時には、本人確認書類の提示やコピーの提出などが求められます。

フリマアプリ・ネットオークションで売る

メルカリ・ラクマといったフリマアプリ(フリマーケットアプリ)やヤフオクなどネットオークションでもエフェクターなど中古の音響楽器の出品・販売が可能です。

フリマアプリやネットオークションで「エフェクター」と検索すると多数の出品があり取引も盛んに行われているのがわかります。

フリマアプリは定額での販売、ネットオークションは定額またはオークション形式を選ぶことが可能です。

売る場合の流れは、売りたいものを写真撮影、メーカーや種類、状態、配送方法など設定して出品。商品が購入されたら支払い手続きがされるのも待ち、その後梱包して発送。

購入者が受け取り通知をするとシステム手数料を引かれた金額を受け取れます。

エフェクターを売る方法を比較

中古エフェクターを売る主な3つの方法、リサイクルショップ、楽器買取店、フリマアプリ・ネットオークションの特徴や売る際の流れをみてきましたが、次にそれらをメリット・デメリットで比較していきます。

売る方法 メリット デメリット
リサイクルショップ 現金化までが早い 買取り金額が安め
楽器買取店 幅広い買取方法がある 多少の手間が必要
フリマ・ネットオークション 高く売れる 手間がかかる

リサイクルショップのメリット・デメリット

リサイクルショップでエフェクターを売るメリットは「現金化までが早い」という点です。

特に近所にリサイクルショップがある場合だと営業時間内に店舗へ持ち込んで査定の依頼、引き渡しをすればすぐに現金を受け取れます。

ただデメリットとして「査定額が安い」というのがあります。ジャンルを問わず買取を実施しているリサイクルショップの特性上、楽器を専門に扱う楽器買取店に比べるとどうしても査定額は低くなります。

またリサイクルショップで楽器に精通したスタッフがいるケースも稀で、基本はマニュアル査定になるため高額買取は難しくなるのです。

フリマ・ネットオークションのメリット・デメリット

フリマアプリ・ネットオークションでエフェクターを売るメリットは他の方法と比べてもっとも「高く売れる」という点です。

個人に直接、希望価格で出品できるため、メーカーやモデル、状態によっては高額で取引ができます。

デメリットとしては「手間や時間がかかる」「トラブルのリスクがある」という点です。

個人に直接販売する特性上、出品作業をはじめ購入者とのやりとり、梱包、発送など手間がかかり購入者がすぐに現れなければ売れるまでに時間もかかります。

さらに配送中の破損や購入者からのクレームなどトラブルのリスクもあり、リサイクルショップや楽器買取店にはないデメリットがあります。

楽器買取店のメリット・デメリット

楽器買取店でエフェクターを売るメリットは「買取方法を選択できる」「専門スタッフによる査定を受けられる」という点です。

近くに店舗があれば持ち込みの店頭買取、少し離れている、持ち運びが困難な場合には出張買取、出張買取の対応エリア外、対面せずに売りたい場合などは宅配買取が利用できます。

また楽器を専門に取り扱っているスタッフによる正しい査定も受けられ、安く買い取られるという心配もありません。

ただ一方で「フリマ・ネットオークションより高く売れない」「業者選びなどの手間がある」といったことがデメリットです。

個人に直接販売できるフリマアプリやネットオークションほどの価格で売るのは難しく、数ある業者を選ぶのは多少の手間になります。

ずばり!エフェクターを高く売るおすすめの方法は?

ここまで中古エフェクターを売る主な方法、リサイクルショップ、フリマ・ネットオークション、楽器買取店の特徴の解説や、メリット・デメリットなど比較をしてきました。

ずばり!中古フェクターを売るおすすめの方法は「フリマ・ネットオークション または 楽器買取店」です。

やはりもっとも高く売れる「フリマ・ネットオークション」は魅力的ですので、手間や時間、トラブルリスクなどデメリットを考慮しても高額で売りたい場合にはおすすめです。

ただ、少しでも高く売りたい気持ちはあるけど、なるべく手間や時間はかけたくない、トラブルは避けたいという方には楽器買取店がおすすめです。

リサイクルショップより高く売れる可能性が高く、フリマアプリやネットオークションほどの手間もかかりません。

楽器買取店の中でおすすめなのは買取実績が豊富な「【楽器の買取屋さん】」です。

10年以上の楽器買取の実績がある楽器の買取屋さんであれば、安心してエフェクターを売却できます。

特に、最短即日30分の無料の出張査定サービスが魅力的です。楽器に精通しているスタッフによる査定でその場で現金の受け取りもできます。

※出張可能エリア→東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・静岡・山梨・長野・大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・愛知・三重・岐阜・広島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

※その他のエリアでも宅配買取は可

ホームページ上ではこれまでの買取実績(楽器の種類・ブランド・買取金額)が公表されていますので、買取相場を確認することができます。

楽器の買取屋さんで中古エフェクターを売却する場合は以下の方法になります。

  • 電話から無料査定の申し込み
  • 申し込みフォームから無料査定の申し込み

査定自体は無料ですので、気になる方は気軽に申し込みをしてみてください。

「楽器の買取屋さん」の無料査定はこちらから→【楽器の買取屋さん】

エフェクターを高く売るコツ

最後に中古エフェクターを高く売るためのポイントとして以下の3つを解説します。

  • 手入れをしてから売る
  • 付属品を付けて売る
  • 複数の買取業者を比較する

手入れをしてから売る

中古楽器と同様に音響機器の査定では汚れがあると印象が悪くなるため、手入れをしてから売りに出すのがおすすめです。

特に端子やプラグ部分など汚れやすいので、注意して手入れをしましょう。また手入れの仕方がわからなくても目に見える汚れを落とすだけでも印象は変わります。

付属品を付けて売る

箱や説明書など付属品があると、高く売れる傾向にありますので、もし付属品があれば必ず付けて売りましょう。

ただ付属品がなくても高額で売れる中古エフェクターもありますので、それほど神経質になる必要はありません。

複数の買取業者を比較する

楽器買取店で売る場合には、複数の業者に査定を依頼して比較するのがおすすめです。

査定基準や提示金額は業者によって異なりますので、査定金額をはじめ、買取手数料の有無なども考慮して比較しましょう。

また無料のオンライン査定を実施している業者もあるため、そうしたサービスを活用するのもおすすめです。

例えば楽器買取店の【タカミツ楽器の無料オンライン査定】だと楽器の種類やメーカー、モデル、写真から概算で買取金額を提示してくれます。

まとめ

ここまで「エフェクターを高く売る方法とコツ」をテーマにリサイクルショップや、フリマアプリ・ネットオークション、楽器買取店の特徴やそれぞれのメリット・デメリット、高く売るためのコツなどの情報を紹介しました。

フリマアプリ・ネットオークションはもっとも高く売れる方法でおすすめではありますが、手間や時間がかかる、トラブルリスクがあるため、それらを避けて少しでも高く売りたい場合には楽器買取店がおすすめです。

個人の都合や状況に合わせて中古エフェクターを売る方法を検討してみてください。

楽器買取店を希望している方には、楽器の買取屋さんがおすすめです。

買取実績が豊富な業者で安心して依頼することができます。

査定は無料ですので、気になる方は無料査定から申し込んでみてください。

「楽器の買取屋さん」の無料査定はこちらから→【楽器の買取屋さん】