ドラムセットを高く売る方法とコツ|楽器買取店とリサイクルショップの比較も

この記事では「買い替えで不用になったドラムがある」「処分を検討しているドラムがある」方向けに「ドラムセットを高く売る方法とコツ」をテーマに中古ドラムを売る方法の比較や個人の都合や状況に合わせたおすすめの方法、高く売るためのコツなどを解説していきます。

中古での需要も高いドラムの売却を検討している方は、参考にしてみてください。

手間や時間をかけずに、少しでも高くドラムを売りたいという方は「【楽器の買取屋さん】」をチェック!

中古のドラムセットを売る方法

はじめに中古のドラムを売る主な方法であるリサイクルショップ・楽器買取店・フリマアプリの特徴や売却までの流れをみていきます。

リサイクルショップで売る

ブランド品や家具、家電、衣服類など幅広いジャンルの買取・販売を実施するリサイクルショップではドラムなどの中古楽器を買い取ってもらえます。

リサイクルショップで売る際には、名前や住所、連絡先などの記入と合わせて、本人確認書類の提示が求められます。

査定結果に納得して売りたい楽器を引き渡すとその場で現金を受け取ることができます。

楽器買取店で売る

楽器を専門に買取を実施しているのが楽器買取店ですが、個人の都合や状況に合わせて幅広い買取方法に対応している特徴があります。

以下が楽器買取店の主な買い取り方法です。

  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

リサイクルショップで売るのと同じように店舗に売りたい楽器を持ち込んで査定の依頼をする店舗買取。

自宅や楽器の保管場所など場所を指定して業者スタッフに出張査定を依頼、その場で査定、引き渡しで現金の受け取り、または銀行振り込みで受け取る出張買取。

申し込み後に業者に指定された住所に楽器を発送して、査定結果を後日確認して銀行振り込みで受け取る宅配買取。

などそれぞれ特徴や利用方法は異なりますが、リサイクルショップで売る場合と同様に、本人情報の記入やネット上での入力、本人確認書類の提示やコピーの提出などが必要になります。

フリマアプリで売る

近年利用者が増えているメルカリ・ラクマといったフリマアプリ(フリーマーケットアプリ)でもドラムなど中古楽器を販売することができます。

フリマアプリで「ドラム」と検索すると多数の出品があり、中には高額で取引されているものもあります。

フリマアプリで販売する場合には、アプリのダウンロード・登録後に売りたい楽器の写真をカメラで撮影、商品の種類やメーカー、モデル、状態、販売価格などを設定して出品。

購入されて相手方の支払い手続き後に梱包と発送、購入者の元に商品が届いて受け取り通知がされるとアプリ上でシステム手数料を除かれた金額を受け取れます。

ドラムセットを売る方法を比較

では続いて中古ドラムを売る主な3つ方法であるリサイクルショップ・楽器買取店・フリマアプリの各メリット・デメリットみていきましょう。

売る方法 メリット デメリット
リサイクルショップ すぐに現金化できる 買取り金額が安め
楽器買取店 幅広い買取方法がある 多少の手間が必要
フリマアプリ 高く売れる 手間がかかる

リサイクルショップのメリット・デメリット

リサイクルショップでドラムを売るメリットは、「すぐに現金化が可能」という点です。近所のリサイクルショップの営業時間内であれば、本人確認書類と売りたいドラムを持参し、場合によっては30分以内に現金を受け取れます。

現金化までが早い一方で「買取金額が安い」というデメリットがあります。

幅広いジャンルのものを買い取っているリサイクルショップは、楽器専門の買取業者と比べて査定額が低くなる傾向にあります。

リサイクルショップには、楽器に精通したスタッフがいるとは限らずマニュアル査定になるケースが多く、その場合に高額買取は難しくなります。

フリマアプリのメリット・デメリット

フリマアプリでドラムを売るメリットは、他の2つの方法と比べて「高く売れる」という点です。

個人に直接販売できるフリマアプリは、業者の買取と比べて高い金額で売ることが可能です。

販売価格は自ら設定できるため、人気のメーカーやモデル、状態によっては相場を上回る金額で売れることもあります。

一方で個人に直接販売するため「手間や時間がかかる」「トラブルのリスクがある」といったことがデメリットです。

出品作業や購入者とのやりとり、梱包、発送の手間や購入者がすぐに現れなければ売れるまでに時間がかかります。

さらに配送中の破損や購入者からのクレームなどのトラブルリスクが多少なりともあります。

楽器買取店のメリット・デメリット

楽器買取店でドラムを売るメリットは「個人の都合や状況に合わせて買取方法を選択可」「正しい査定を受けられる」という点です。

持ち運びが可能であれば、リサイクルショップのようにすぐに現金化できる店舗買取、持ち運びが難しかったり移動手段がなかったりする場合には出張買取、出張買取の対応エリア外の場合には宅配買取など選択肢が多くあります。

また楽器に精通したスタッフによる楽器の正しい査定も受けられます。

デメリットとしては「希望価格で売れない」「業者選びや手配などの多少の手間がある」という点です。

リサイクルショップよりは高く売れても、個人に直接販売できるフリマアプリで売れる金額ほどではありません。また数ある業者を選ぶ手間や出張手配や申し込みなど多少の手間もあります。

ずばり!ドラムセットを高く売るおすすめの方法は?

ずばり!中古のドラムを売るおすすめの方法は「フリマアプリまたは 楽器買取店 」です。

自分の都合や状況に合わせて、どちらかを選択するのがおすすめです。

「フリマアプリを普段から使っている」

「手間や時間、多少のリスクはあっても高く売りたい」

フリマアプリで売る

 

「フリマアプリの利用にハードルの高さを感じる」

「なるべく手間や時間をかけずに少しでも高く売りたい」

楽器買取店で売る

フリマアプリの利用に慣れている、手間や時間、多少のリスクはあってももっとも高く売れる方法がいいという方は迷わずフリマアプリを選択するのがいいでしょう。

ただフリマアプリの利用にハードルのハードルの高さを感じる、なるべく手間や時間をかけずに売りたいという方には楽器買取店がおすすめです。

ドラムは持ち運びが大変ですので、楽器買取店を利用する際は出張買取を利用するのがいいでしょう。

楽器買取店は出張買取に力を入れている「【楽器の買取屋さん】」がおすすめです。

10年以上の買取実績がある「楽器の買取屋さん」であれば安心してドラムを売ることができます。

楽器に精通したスタッフによる正しい査定が受けられて、特に出張買取であれば、最短即日30分で到着、査定後にその場で現金の受け取りも可能です。

※出張可能エリア→東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・静岡・山梨・長野・大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・愛知・三重・岐阜・広島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

※その他のエリアでも宅配買取は可

「楽器の買取屋さん」の無料査定はこちらから→【楽器の買取屋さん】

ドラムセットを高く売るコツ

最後に中古のドラムを高く売るためのポイントを3つ紹介します。

  • 手入れをしてから売る
  • 付属品を付けて売る
  • 複数の楽器買取店を比較する

手入れをしてから売る

ドラムに限ったことではありませんが、中古楽器の査定では汚れがあると印象が悪くなって査定額が下がる傾向にあります。

改善が難しい汚れはありますが、簡単な手入れだけで落ちることもありますので、まずは査定に出す前に手入れをしましょう。乾拭きで目に見える汚れを落とすだけでも印象が変わります。

付属品を付けて売る

スティックやチューニングキーなどドラムの付属品を付けて売るのもおすすめで説明書や保証書などもしあれば付けて査定に出しましょう。

複数の楽器買取店を比較する

複数の業者の査定額を比較することでより高い金額で買い取ってもらうことができます。

業者によって査定基準や金額、手数料の有無なども異なりますので、比較して検討しましょう。

無料のオンライン査定が可能な業者もあるのでそれらもの活用もおすすめです。

例えば【タカミツ楽器の無料オンライン査定】だと楽器の種類やメーカー、モデル、写真から概算で買取金額を提示してくれます。

まとめ

「中古ドラムセットを高く売る方法とコツ」をテーマに楽器を売る主な方法であるリサイクルショップや楽器買取店、フリマアプリの特徴やメリット・デメリット、個人の都合や状況に合わせたおすすめの方法、高く売るためのコツなどを解説しました。

中古のドラムの売却を検討している方の参考になれば幸いです。

その他のおすすめ楽器買取店はこちら